2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■詰将棋 実力テスト 一・二・三級

< | No.0472 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰将棋 実力テスト 一・二・三級
詰将棋 実力テスト 一・二・三級
zoom
LET'S PLAY SHOGI
詰将棋 実力テスト 一・二・三級
[総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
(二色刷)
解答の裏透け:A
解説:B
中級〜有段向き

【著】 野口益雄 【監 修】 田中寅彦
【出版社】 成美堂出版
発行:1989年9月 ISBN:4-415-04643-6
定価:699円 159ページ/19cm


【本の内容】
・詰将棋 計140問
第1章 感じのいい7手詰 40問
第2章 手ごわい7手詰 30問
第3章 簡素図式と実戦型―7手詰と9手詰 20問
第4章 手触りのいい9手詰 30問
第5章 難問もあるよ9手詰 20問

◆内容紹介(表紙見返しより)
かなり将棋に深入りした方々の本。勝ちを我が物にするためには、終盤戦の読みの力をつけることが大事です。それには詰将棋が一番です。本書の軽妙な7手詰と9手詰。140問で確実に力を伸ばしてください。


【レビュー】
上級向け詰将棋本。詰将棋本としては大きめのB6判に、二色刷りで盤面が見やすい。

標準的な難度の7手詰・9手詰を140問収録している。解いてみた印象では、
  (難)5章>2章>4章>1章>3章(易)
という感じだが、全体的なレベル差はあまりない。

右側に問題タイトルとヒント(2行程度)、上側に手数表示。ヒントは「初手は持ち駒を打つしかない。」「○○が有力ですが、それで詰むでしょうか。」など、問題によってはかなりの助けになるので、見たくない人はがんばって隠そう。手数は章題でバレているので、隠したい人も諦めてください(笑)。

解答は図面を3枚ずつ使用。再掲図があるのがありがたい。ほとんどの問題には「途中図」があるので、解けなかった人もそこから3手詰・5手詰としてやってみると良い。詰め上がり図がないのと、紛れの多い問題でも解説があっさりしているのがちょっとだけ不満。

本書は自分で棋力判定ができるようになっている。どの問題も制限時間は7分。全体でおよそ半分を正解できれば、二段以上と判定される(下表)。本のサブタイトルは「一・二・三級」だが、表のように初段・二段クラスでも歯ごたえがある。わたしはなんとか半分以上は解けたかな?(^-^;A (2005Apr14)
    4級 3級 2級 1級 初段 二段以上
第1章 7手詰 40問 正解数 8〜10 11〜14 15〜19 20〜23 24〜26 27〜40
第2章 7手詰 30問 正解数 2〜3 4〜5 6〜7 8〜10 11〜14 15〜30
第3章 7手・9手 20問 正解数 4〜5 6〜8 9〜11 12〜14 15〜17 18〜20
第4章 9手詰 30問 正解数 3〜5 6〜7 8〜10 11〜12 13〜15

16〜30

第5章 9手詰 20問 正解数 1 2 3〜4 5〜6 7〜9 10〜20



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] LET'S PLAY SHOGI
[著者] 
野口益雄 田中寅彦
[発行年] 
1989年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰将棋 実力テスト 一・二・三級


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved