2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■花の罠 大和路・萩の寺に消えた女

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 花の罠 大和路・萩の寺に消えた女
花の罠
zoom
Non novel
花の罠 大和路・萩の寺に消えた女
長編本格推理書下ろし
 

【著 者】 本岡類
【出版社】 祥伝社
発行:1997年12月 ISBN:4-396-20610-0
定価:819円 224ページ/18cm


【本の内容】
◆内容紹介
萩の花咲き誇る奈良・白毫寺で女流将棋名人・御影真理子が誘拐され、五千万円を要求する女の声の電話が。将棋連盟は身代金受渡し役として水無瀬翔五段を派遣、しかし警察の失態で犯人は首尾よく現金を奪取し、闇に消えた。困惑の水無瀬と捜査陣に、やがて真理子発見の朗報が入った。だが、その監禁現場には、誘拐犯らしき女の刺殺体と真理子の指紋の付着したナイフが…。一転して殺人容疑者となった女流名人。はたして事件の真相は?
古都を舞台に仰天の最新トリックを駆使した本格推理の傑作。本岡類・棋士シリーズ第二弾。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 
本岡類
[発行年] 
1997年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 花の罠 大和路・萩の寺に消えた女


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved