2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■奥羽路 七冠王の殺人

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 奥羽路 七冠王の殺人
奥羽路 七冠王の殺人
zoom
Non novel
奥羽路 七冠王の殺人
長編本格推理書下ろし
 

【著 者】 本岡類
【出版社】 祥伝社
発行:1997年4月 ISBN:4-396-20588-0
定価:819円 230ページ/18cm


【本の内容】
◆内容紹介
山形・月野温泉の対局で将棋界初の七冠王が誕生した夜、同旅館の裏山で元将棋記者・名取が撲殺された。警察は犯行時刻に対局中だった七冠王桐島になぜか注目、重点捜査を開始した。一方、事態に慌てた将棋連盟は、桐島への嫌疑を晴らすべく、若手棋士水無瀬に事件の独自調査を命じた。やがて水無瀬は名取の遺した謎のメモを入手、真相解明のため月野へ飛んだが、そこで第二の殺人が…。はたして犯人は?七冠王の運命は…。
棋界に通暁した著者が満を持して放つ長編本格推理の傑作。本岡類・棋士シリーズ第一弾。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 
本岡類
[発行年] 
1997年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 奥羽路 七冠王の殺人


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved