2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■長考力

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 長考力
長考力
zoom
幻冬舎新書
長考力
1000手先を読む技術
 

【著 者】 佐藤康光
【出版社】 幻冬舎
発行:2015年11月 ISBN:978-4-344-98400-4
定価:842円 197ページ/17cm


【本の内容】
第1章 先を読む力
第2章 先入観と大局観
第3章 棋士の人生
第4章 盤外戦術とライバル
第5章 創造派と修正派
第6章 研究会とコンピュータ

◆内容紹介
将棋の名人戦は一局に2日間を要し、最大で7局にわたる、長時間の戦いである。一局当たりのそれぞれの持ち時間は9時間。その間、「没我」の世界に入り、ひたすら盤面を読み、相手の動きを予測し、無数の選択肢のなかから最善の一手を指し続ける。一流棋士はなぜ、それほどの長時間にわたって集中力を保ち、深く思考し続けることができるのか。そして、直感力や判断力の源となる「大局観」とは何か。タイトル獲得通算13期を誇り、「緻密流」とも称される異端の棋士が初めて記す、「深く読む」極意。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 幻冬舎新書
[著者] 
佐藤康光
[発行年] 
2015年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 長考力


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved