2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋新理論

< | No.0062 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋新理論

zoom
最強将棋塾
将棋新理論
[総合評価] A

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
構成:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 谷川浩司
【出版社】 河出書房新社
発行:1999年6月 ISBN:4-309-72183-4
定価:1,300円 221ページ/19cm


【本の内容】
第1章 歩 その多様性=80p
第2章 香 その直進性=20p
第3章 桂 その意外性=18p
第4章 銀 その機動力=18p
第5章 金 その信頼感=18p
第6章 角 その総合力=22p
第7章 飛 その攻撃力=20p
第8章 玉 その存在感=21p

◆内容紹介
すべての駒を生かす発想法。もし二歩が許されたら?もし歩がなかったら?将棋の駒の働き・特性を意表を衝く創作図をもとに理論化し、その応用の仕方・組み合わせ方を実戦を題材に提示する。理論から実戦へ、プロの最前線から基本原理へ―。すべての将棋ファンに贈る究極の「理論と実戦」の書。


【レビュー】
駒の特性を考える本。

まえがきに「・・・定跡や手筋を教える本ではない」とあるが、広い意味での手筋書とさせていただく。著者曰く、「上級者には高度な将棋の本質を、中級者には一層の飛躍のための考え方を、初級者には効率よく上達するための秘訣を伝えたい」とのこと。

各章の最初で駒の特性を論理的に解析し、そのあとに手筋の例題や実戦例を用いた解説が続く。

決して目新しい構成ではないが、完成度が高い良書である。すぐに棋力アップに結びつくかどうかは疑問符だが、いままでなんとなく指していた人には目からウロコかも?(2002Jun23)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒の手筋
[シリーズ] 
最強将棋塾
[著者] 
谷川浩司
[発行年] 
1999年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋新理論


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved