2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■勝つ将棋・大駒の切り方

< | No.0276 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 勝つ将棋・大駒の切り方

zoom
気持ちいいほど勝負手がわかる
勝つ将棋・大駒の切り方
[総合評価] B

難易度:★★☆

見開き一問一答
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A(2色刷)
解説:A
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【監 修】 中原誠
【出版社】 池田書店
発行:2000年3月 ISBN:4-262-10127-4
定価:1,000円 191ページ/18cm


【本の内容】
大駒を切る・捨てる考え方 ・大駒を切る・捨てるタイミング
(1)大駒を切る3つの手筋
(2)大駒を捨てる2つの手筋
8p
大駒を切る問題 ・大駒を切る問題の考え方
・居飛車対振飛車戦の問題=24問
・振飛車対居飛車戦の問題=13問
・居飛車対居飛車戦の問題=23問
124p
大駒を捨てる問題 ・大駒を捨てる問題の考え方
・大駒を捨てる問題=25問
52p

◆内容紹介(見返しより)
もう迷わない!豪快にズバッと切って潔く勝負に出る。大駒を捌く思考力と決断力が身につく、大人のための将棋再入門書。


【レビュー】
大駒問題に特化した次の一手問題集。

大駒を切るor捨てる手が決め手になったときはとても気持ちが良い。大駒を切る手が発生すればそれで満足、という人もいるくらいだ(笑)。しかし大駒を切るタイミングの見極めが重要。切りどころを間違えれば、決め手どころか指し過ぎになってしまう。本書は、大駒を切るときの小技・大技を織り交ぜた次の一手問題をたくさん解説している。

初級者ほど大駒を惜しむものだが、本書の85問にチャレンジすれば、実戦でもズバズバと大駒を切れるようになると思う。わたしは級位者時代にこの本にはかなりお世話になった。評価はBとしたが、Aにかなり近いと思って良い。飛車を切ったことのない方には必読の書といえるだろう。ちなみに見返しの内容紹介に「大人のための将棋再入門書」とあるが、漢字さえ読めれば子どもにもオススメ。

なお、同時期の類書に『華麗なる将棋大技テクニック』がある。本書は問題数では劣るが、読みやすさでは優るので、読むなら本書を先にした方が良いだろう。(2004Jan24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒の手筋
[シリーズ] 
勝つ将棋
[著者] 
中原誠
[発行年] 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 勝つ将棋・大駒の切り方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved