2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新黙示録 飛龍の秘図

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新黙示録 飛龍の秘図
(オリジナル版)
トクマノベルズ
新黙示録 飛龍の秘図
 

【著 者】 志茂田景樹
【出版社】 徳間書店
発行:1979年12月 ISBN:4-19-151890-9
定価:700円 299ページ/18cm
(文庫版)
新黙示録 飛龍の秘図(徳間文庫)
zoom
徳間文庫
新黙示録 飛龍の秘図
 

【著 者】 志茂田景樹
【出版社】 徳間書店
発行:1986年7月 ISBN:4-19-588102-1
定価:560円 445ページ/16cm


【本の内容】
プロローグ
第一章 消えたクルー
第二章 月山の秘儀
第三章 狙う者と狙われる者
第四章 火山島の伝説
第五章 憎しみの棋譜
第六章 魔の超高層ビル
第七章 予期せぬ脱出
第八章 竹藪の中の館
第九章 呪いの秘図
第十章 幻の血族
第十一章 女菩薩のさだめ
第十二章 復活の真相
エピローグ

◆内容紹介
冒険家の加山健彦は三宅島までヨットのマッチレースを挑まれるが、相手は、帆上に“龍と香の誅殺”の血染めの文字を残したまま途中で消え、加山の恋人の朝辻しずかも、その文字を見て奇声を発して昏倒、数日後に失踪した。やがて加山は、消えたクルーの中に、財界のリーダーの御曹司がおり、その家系が江戸初期から怪死者を輩出、それにしずかの家系が絡んでいるらしいことを知って…。好評長篇伝奇シリーズ。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 志茂田景樹
[発行年] 
1979年 1986年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新黙示録 飛龍の秘図


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved