2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■定跡からビジョンへ

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 定跡からビジョンへ
定跡からビジョンへ
zoom
定跡からビジョンへ  

【著 者】 羽生善治 今北純一
【出版社】 文藝春秋
発行:2004年7月 ISBN:4-16-366010-0
定価:1,680円(5%税込) 208ページ/20cm


【本の内容】
第1章 世界から見た日本の非常識
第2章 なぜ構造改革ができないのか
第3章 ヨーロッパに目を向けよう
第4章 現状打破のために大局観を持て
第5章 個人としてミッションを立てよ

◆内容紹介(文藝春秋HPより)
ミッション、ビジョン、パッションの三位一体がビジネスを活性化させる。次の妙手は定跡を超えたところに。目からウロコの対談。
将棋界の第一人者・羽生善治さんと経営コンサルタント・今北純一さんが語り下ろした清新な対談集です。今北さんはフランスのルノー、エア・リキード社を経て、パリに拠点を置くコンサルティング会社CVAのマネージング・ディレクター。パリで出会った二人が意気投合して、ゲームを勝利に導く発想法から日本と欧米のビジネスの違いまで、縦横無尽に語り合っています。この本は、長い経済不況下に苦しむ日本のビジネスマンに、特に読んでいただきたいと思います。停滞する現状を打破するヒントを、この熱気あふれる対談の中に探してほしいのです。(MI)


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
対談・インタビュー
[シリーズ] 
[著者] 
羽生善治 今北純一
[発行年] 
2004年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 定跡からビジョンへ


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved