2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■女流棋士殺人事件

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 女流棋士殺人事件
女流棋士殺人事件
zoom
講談社ノベルス
女流棋士殺人事件
書下し将棋ミステリー
 

【著 者】 本岡類
【出版社】 講談社
発行:1984年10月 ISBN:4-06-181149-5
定価:640円 200ページ/18cm


【本の内容】
(1)将棋まつり (2)死の詰将棋 (3)第二の犠牲者 (4)過去の証言者 (5)飛騨高山行 (6)殺人連環 (7)傷ついた銘盤 (8)寄せの構図

◆内容紹介(裏表紙より)
将棋界のアイドル、森島真理子女流棋聖が殺された。残された一枚の棋譜……。兄弟子の神永英介七段は彼女の仇を討つべく、若手新聞記者の高見智彦を従えて、にわか探偵を買って出る。しかし目星をつけた男も殺されて、事は複雑な連続殺人事件となっていく。東京−高山と結んだ神永七段の読みは冴えるか……。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 
本岡類
[発行年] 
1984年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 女流棋士殺人事件


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved