2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■怒涛の関西将棋

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 怒涛の関西将棋
怒涛の関西将棋
zoom
角川Oneテーマ21
怒涛の関西将棋
 

【著 者】 谷川浩司
【出版社】 KADOKAWA/角川書店
発行:2014年3月 ISBN:978-4-04-110745-4
定価:864円 223ページ/cm


【本の内容】
第1章 関西に王将あり─阪田三吉という伝説 通天閣というメッカ/女性に不人気の「王将」/ほか  
第2章 竜虎相打つ─升田幸三と大山康晴 田舎へ帰って百姓せい/英才教育の幼少期/ほか  
第3章 停滞から興隆へ 関西から去った二強/空白の昭和三十年代/ほか  
第4章 関西将棋界とともに歩む 将棋道場へ/奨励会と研究会/ほか  
第5章 進撃!関西将棋界 関西に残る理由/横の結束力/ほか  

◆内容紹介
阪田三吉、大山康晴、升田幸三・・・関西出身の棋士たちはなぜこれほど強かったのか? 日本将棋連盟会長にして第一線で闘いを続ける著者が明かす勝負力の秘密。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 角川Oneテーマ21
[著者] 
谷川浩司
[発行年] 
2014年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 怒涛の関西将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved