2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■殺人の駒音

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 殺人の駒音


殺人の駒音
zoom
カドカワノベルズ
殺人の駒音
 

【著 者】 亜木冬彦
【出版社】 角川書店
発行:1992年5月 ISBN:4-04-783201-4
定価:760円 172ページ/18cm
(角川文庫版)
殺人の駒音(角川文庫)
角川文庫
殺人の駒音
 

【著 者】 亜木冬彦
【出版社】 角川書店
発行:1998年4月 ISBN:4-04-189402-6
定価:520円 304ページ/15cm
(MYCOM版)
殺人の駒音(MYCOM将棋文庫)
MYCOM将棋文庫EX
殺人の駒音
 

【著 者】 亜木冬彦
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2006年2月 ISBN:4-8399-1981-X
定価:998円 464ページ/15cm


【本の内容】
プロローグ/(1)『死神』 対 『棋界の暴れん坊』 (2)香車を握った死体 (3)闇の傀儡師(くぐつし) (4)二番目の殺人 (5)血戦! 龍神閣 鸞(ほうおう)の間 (6)死神と田舎娘 (7)青年剣士 (8)野里小五郎の実験 (9)傀儡師再び (10)神津対金田耕助 (11)真剣師界の長老 (12)野里小五郎の決断 (13)犯人逮捕? (14)八神香介対野里小五郎 (15)八神香介の遺書 (16)金田耕助の推理 (17)八神香介対傀儡師/エピローグ

※MYCOM将棋文庫EX版のみの追加
盲目の勝負士/子連れ狼/「亜木冬彦さんのこと」(谷川治恵)


◆内容紹介
13歳の天才少年棋士に敗れ、ひとりの男が奨励会を去った。八神香介、26歳の誕生日のことであった…。そして16年後、第5期竜将ランキング6組1回戦。将棋の表舞台から姿を消していた八神が、その沈黙を破り大衆の前に再び姿を現した。アマチュア最高位から、再びプロ棋士に挑むためであった。だが、対戦当日、相手プロは姿を見せない。それもそのはず、彼は自宅のアパートで何者かに殺害されていたのである。香車の駒を握りしめるという奇怪なダイイング・メッセージを残して…。
深まる謎、息も吐かせぬ展開。ミステリーの枠を超えた最高のエンターテイメント・ノベル。横溝正史賞特別賞受賞作。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 
亜木冬彦
[発行年] 
1992年 1998年 2006年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 殺人の駒音


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved