2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋の世界

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の世界


将棋の世界
zoom
角川選書(231)
将棋の世界
日本人の心が育んだ勝負の世界
 

【著 者】 大内延介
【出版社】 角川書店
発行:1993年11月 ISBN:4-04-703231-X
定価:1,400円 252ページ/19cm


【本の内容】
第1章 将棋のルーツと現行将棋の誕生
第2章 家元制の成立と戦術の変遷
第3章 家元時代の棋士群像
第4章 実力名人制と近代将棋の礎
第5章 塚田・升田・大山の確執時代
第6章 棋界を動かした名棋士たち
第7章 近代将棋と次代を担う精鋭
終章 私と将棋

◆内容紹介
将棋とは何か―。
そのルーツを探り、家元制度から実力制への移行、そして現代にいたるまでの流れと、その時代に生きた棋士たちの群像を浮き彫りにする。
みずからも栄光と悲惨が歴然とする勝負の世界にあって、棋士の本質、体得した技術の優劣、熾烈な戦いとそれにまつわるエピソードを紹介しながら、将棋の奥の深さとすばらしさを物語る。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋史研究
[シリーズ] 
[著者] 
大内延介
[発行年] 
1993年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の世界


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved