2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■有吉流 急戦振飛車破り

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 有吉流 急戦振飛車破り
有吉流 急戦振飛車破り
zoom
有吉流 急戦振飛車破り
どんとこい振飛車
 

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 有吉道夫
【出版社】 弘文社
発行:1978年3月 0276-30070-2270
定価:680円 254ページ/18cm


【本の内容】
第1編 「三間飛車」破り 穴熊囲いの破り方/変化<A>△4三銀の対応策
/美濃囲いの破り方/変化<B>△5二金左
40p
第2編 「四間飛車」破り 早繰り銀の破り方/新研究・逆棒銀戦法
/端攻めの速攻/変化△9三歩受け
30p
第3編 「中飛車」破り 単純明快▲4六金戦法 20p
第4編 「向い飛車」破り 変化△2四歩受けの破り方 14p
第5編 「袖飛車」破り (1)居飛車側失敗の実例 (2)正調袖飛車破り 18p
第6編 プロとアマの
「実戦譜」解説
(1)女流プロ名人戦(蛸島名人-多田二段)
(2)全国アマ名人戦(香川県名人-岐阜県名人)
(3)全四国将棋大会(広瀬五段-U四段)
(4)プロ順位戦(坪内五段-若松五段)
(5)プロ十段戦(有吉八段-芹沢八段)
(6)プロ棋聖戦(有吉棋聖-米長八段)
(7)プロ名人戦(有吉八段-大山名人)
130p

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
振飛車戦法は、いまもプロ・アマを問わず流行戦法である。美濃囲いの組み方の単純明快さと、その堅固さが変わらぬ魅力として人々を魅きつけるのであろう。私は居飛車党の一人として、長年、振飛車に対する研究を続けてきた。その結果、対振飛車の効果的な指し方としては、早期急戦か、徹底的な持久戦策か、二つの方法しかないと信じるに至った。本書はそのうち前者の早期急戦を中心にした振飛車破りである。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
振飛車総合
[シリーズ] 
[著者] 
有吉道夫
[発行年] 
1978年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 有吉流 急戦振飛車破り


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved