2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋戦国史

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋戦国史
将棋戦国史
zoom
将棋戦国史  

【著 者】 村松喬
【出版社】 独楽書房
発行:1981年2月 0093-100001-2466
定価:1,500円 261ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
第一章 巨星、落つ ─長い戦国の幕開き 12p
第二章 怨念の炎 ─升田、高野山の決戦に敗れる 14p
第三章 不死鳥のごとく ─木村名人、奇蹟のカムバック 18p
第四章 名人戦窃盗事件 ─首謀者はだれだったのか 44p
第五章 名人を指込むのだ! ─毎日、王将戦で反撃 12p
第六章 凄惨なる落日 ─名人、指込まれる 14p
第七章 「陣屋事件」暴発の真相 ─升田、理非を読みちがえる 42p
第八章 「陣屋事件」の後段 ─連盟の危機と木村裁定 22p
第九章 宿命の死闘 ─大山時代の確立 26p
第十章 名人戦、古巣に帰る ─今後も要警戒・朝日新聞の体質 30p

・【付】戦国死闘九譜=19p
・年表=9p

◆内容紹介(オビより)
将棋記者怨念の証言。“名人戦窃盗事件”の仔細、“陣屋事件”暴発の真相、棋戦争奪の内幕。
毎日から朝日へ。朝日から毎日へ。因果はめぐる名人戦の小車──いま、30年ぶりに明かす。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
[著者] 
村松喬
[発行年] 
1981年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋戦国史


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved