2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■昭和将棋史

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 昭和将棋史


昭和将棋史
zoom
岩波新書 新赤版 7
昭和将棋史
 

【著 者】 大山康晴
【出版社】 岩波書店
発行:1988年1月 ISBN:4-00-430007-X
定価:534円 207ページ/18cm


【本の内容】
1 戦前の将棋界(入門のころ/名人戦の開始/ゆれる将棋界/木村名人の時代/戦時下の将棋界)
2 名人への道(終戦直後の苦労/高野山の決戦/名人位へ初挑戦/名人位に就く/永世名人になる)
3 五冠王時代(升田さんとの対決/新棋戦の出現/五冠達成)
4 新世代との対決(中原名人の誕生/将棋連盟の会長として)

・大勝負の棋譜=14

◆内容紹介
十五世名人大山康晴は昭和10年に12歳で木見金次郎八段に入門した。以来50年余、名人をはじめとするタイトル獲得数・優勝回数は120を越え、現在もなお現役で活躍している。本書は昭和将棋の歴史を自己の歩みとともに描いたものである。木村、升田、中原ら多くの名棋士との激闘の跡を振り返り、将棋界の将来について抱負を述べる。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋史研究
[シリーズ] 
[著者] 
大山康晴
[発行年] 
1988年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 昭和将棋史


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved