2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■最新將棋全書 第四卷 戰術篇(二)

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 最新將棋全書 第四卷 戰術篇(二)
最新將棋全書 第四卷 戰術篇(二) 最新將棋全書 第四卷 戰術篇(二)  

【著 者】 大山康晴 丸田祐三
【出版社】 東京創元社
発行:1955年3月 ISBN:
定価:300円 226ページ/22cm


【本の内容】
中飛車篇 一、中飛車成功型
二、後手4四銀型
三、後手6四銀の急戦法
四、角交換の奇襲作戦
五、急と不急
22p
向飛車篇 一、向飛車(その一)
二、向飛車(その二)
三、先手向飛車の奇襲
四、▲向飛車の奇襲の変化
26p
四間飛車篇 一、後手6五銀の奇襲型(急戦玉頭銀)
 T先手7六歩を取らせる指し方
 U先手5五歩の早突き型
 V先手3五歩の早仕掛け
 W先手6五銀を封ずる指し方
22p
石田流篇 一、持久戦石田流
 T後手8四飛の防手
 U後手7四同歩の応手
二、後手7二金の対抗型
 T先手5六銀型
三、石田流拒否戦法
20p
袖飛車篇 一、基本型
二、基本型の変化
三、実戦型の袖飛車
四、先手の袖飛車(後手突き違いの型)
五、先手の袖飛車(後手4四銀の型)
22p
ひねり飛車篇 一、ひねり飛車成功型
二、正しい応戦法
三、先手4七銀型の応戦法
18p
棒銀戦法篇 一、基本型
 T後手3一角の受け型
 U後手4四歩の受け型
二、角換わり棒銀戦法
三、後手6五歩の早突き型
四、先手1一歩成の変化
26p
筋違い角戦法篇 一、筋違い角戦法
二、基本型
三、基本型の変化(その一)
四、基本型の変化(その二)
五、3三金型
六、3三金型の変化
22p
両居飛車型序盤の奇襲篇 一、序盤戦の意義
二、先手2四歩突きの結論
三、横歩取りに現われる奇襲(その一)
四、横歩取りに現われる奇襲(その二)
五、横歩取りに現われる奇襲(その三)
六、飛先歩交換拒否の攻防
七、飛車先歩交換の時機
八、矢倉組の駒運び
九、腰掛銀戦法の特徴
24p
やぐら崩し篇 一、先手5七銀上の型
二、先手3七銀の対抗策
三、やぐら崩し拒否戦法
14p
金開き戦法篇(アヒル) 一、金開き戦法の成功型
二、正しい応戦法
6p
鬼殺し戦法篇 一、鬼殺し戦法のねらい
二、正しい受け方
4p


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 最新將棋全書
[著者] 
大山康晴 丸田祐三
[発行年] 
1955年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 最新將棋全書 第四卷 戰術篇(二)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved