2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■入門書の本 -1969  
トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 入門書の本 -1969


このページ内は[Ctrl+F]で検索すると便利です。

◆サイト内検索
by Google

書名 著者 発行 備考
図解将棋入門 清野静男 '69.4  
升田の将棋入門 升田幸三 '69  
将棋入門 初段への近道 原田泰夫 '67  
将棋入門 建部和歌夫 '67.1  
将棋入門7日間 長口司郎 '66  
書名 著者 発行 備考
将棋幼稚園 原田泰夫 '56.5  
將棋を始める人のために 原田泰夫 '53.1  


図解将棋入門
zoom
百万人の実用百科シリーズ
図解将棋入門
清野静男
永岡書店
ISBN:
1969年4月
\
p/18cm
    Not found at Amazon.co.jp
 
 


升田の将棋入門 升田九段の将棋シリーズ(1)
升田の将棋入門
個別ページへ
升田幸三
弘文社
ISBN:4-7703-3501-6
1969年
\320
222p/18cm
   
升田式上達法/詰めは勝ちへの道/寄せとは王手にしない攻め/将棋の用語/玉は囲いの中/囲いの欠陥を衝く/囲いの崩し方/中飛車一本槍

◆内容紹介
女の人にも、少年にも、将棋の面白さを伝えたいという考えは、前々からあった。ごく初心者から有段者までを対象に、ヒゲの升田が絶対にあなたを強くすることを請合うことにした。
 


将棋入門 初段への近道
zoom
将棋入門
初段への近道
個別ページへ
原田泰夫
文芸春秋
ISBN:
1967年
\400
265p/20cm
   
◆内容紹介(裏表紙より)
将棋を始める方のために書いた本。駒のならべ方から始まる本。この一冊で貴方も立派な有段者です。
 


ぼくらの入門百科 将棋入門
zoom
ぼくらの入門百科
将棋入門
個別ページへ
建部和歌夫
秋田書店
ISBN:4-253-00517-9
1967年1月
\
187p/19cm
   
 
 


将棋入門7日間
zoom
将棋入門7日間 長口司郎
松田茂行/監修

日本文芸社
ISBN:
1966年
\350
254p/19cm
   
 
 


将棋幼稚園
zoom
下さんthx!
将棋ポケット文庫 No.120
将棋幼稚園
個別ページへ
原田泰夫
大阪屋號書店
ISBN:
1956年5月
\80
202p/14cm
   
・入園を迎えて
入門編 棋譜の読み方/駒の名称/駒の並べ方/駒の動かし方/
将棋の規則/禁手の例/段級差と手合割/対局者の心得
28p
基礎知識編 詰みと勝敗/取りと交換/駒得と手得/必至と詰ろ/玉の囲 21p
覚えやすい戦法 新・棒銀戦法/新傾向・向飛車戦法/相櫓端崩し戦法/
横歩を取らせる戦法/角換り棒銀戦法/袖飛車戦法/
中飛車戦法/石田流戦法/四間飛車戦法
151p

・卒業を祝して

 


(オリジナル版)
將棋を始める人のために
zoom

(改訂版)


(改訂版)
入門ハンドブック
將棋を始める人のために
やさしい將棋の指し方
原田泰夫
ハンドブック社
ISBN:
1953年1月
\150
224p/18cm
   
将棋を始める人のために
やさしい将棋の指し方
改訂版
原田泰夫
梧桐書院
ISBN:
1978年11月
\580
223p/18cm
将棋を始める人のために
やさしい将棋の指し方
改訂版
原田泰夫
梧桐書院
ISBN:4-340-07100-5
2000年
\
223p/18cm
※なるべく1953年版の漢字のままで掲載しています。
第一篇 将棋を覺えるまで 一 駒の名稱
二 駒の並べ方
三 棋符の読み方(盤面の符号)
四 駒の動かし方(駒の性能)
五 將棋の規則
六 對局の心得
25p
第二篇 駒の動かし方を覺えた方のために 一 將棋上達法十訓
二 駒の活用法
三 玉の詰め方
四 王手飛車取の掛け方
五 玉の圍い方、崩し方
六 手筋と術語の教室
七 持將棋と千日手の實例
64p
第三篇 やさしい戰法 ・棒銀戰法(棒銀の勝ち方/棒銀の受け方)
・中飛車戰法(中飛車の勝ち方/中飛車の受け方)
・四間飛車戰法(四間飛車の勝ち方/四間飛車の受け方)
44p
第四篇 詰将棋で実力をつける方法 ・詰將棋について
・詰將棋の規定
・詰將棋の考え方
・三手詰の研究「四十級程度」=10問
・五手詰の研究「三十級程度」=20問(初手の指定付き)
・詰將棋解答集
27p
  棋力テスト集 ・次の一手問題=30問
・解答集
39p
第五篇 将棋格言集 ・格言=52(図面なし) 15p

◆内容紹介より抜粋
この本は、将棋を全然知らない方や、駒の動かし方を知った程度の方に読んでいただくものである。(中略)今までの「駒の動かし方から初段まで」式のものでは、これから将棋を始めようとする人のためには難かし過ぎ、且つ、それによって将棋の最初の醍醐味を会得することは、無理な注文であった。
この本は、「駒の動かし方から三十級まで」の内容である。

 


トップページ > 棋書ミシュラン! > カテゴリー > 入門書の本 -1969


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved