2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■史上最強の穴熊(2) 持久戦編

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 史上最強の穴熊(2) 持久戦編
史上最強の穴熊(2) 持久戦編
zoom
史上最強の穴熊(2) 持久戦編  

【著 者】 大内延介 【編】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1994年11月 ISBN:4-89563-613-5
定価:1,165円 223ページ/19cm


【本の内容】
第1章 定跡編 (1)対銀冠=52p
(2)対天守閣美濃=22p
(3)相穴熊=34p
(4)対5筋位取り=18p
(5)対玉頭位取り=22p
150p
第2章 実戦編 4局 68p

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
定跡は進歩する。居飛車側に新しい対策が生まれた。銀冠、四枚美濃、相穴熊。それらはいずれも穴熊に劣らぬ堅陣で、終盤の寄せ合いに威力を発揮した。しばらくの間、苦戦の続いた穴熊だが、今度はこちらから新作戦を披露する番だ。本書にはそういった新しい指し方をすべて披露した。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車穴熊
[シリーズ] 
[著者] 
大内延介 週刊将棋
[発行年] 
1994年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 史上最強の穴熊(2) 持久戦編


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved