2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■我が出会い

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 我が出会い
我が出会い
zoom
我が出会い
交遊録六十五年
 

【著 者】 大山康晴
【出版社】 リクルート出版
発行:1988年9月 ISBN:4-88991-119-7
定価:1,200円 257ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
菊池寛―修業時代、文豪の思い出
松下幸之助―人生の父、知遇を謝す
渡辺武次郎―郷土を大切にする大先輩
横井克己―ケジメの人、私の後援者
緒方求也―九州の支え、将棋を後援
大西楢次―私を信じた浅沼組副社長
井伏鱒二―誇らしき隣人、文化勲章受章者
加藤芳郎―楽しい雰囲気の漫画家
川上哲治―勝つことに徹した巨人軍監督
二子山勝治・間垣勝則―稽古稽古の初代若乃花
星野仙一―中日優勝へ、ケンカ野球の監督
三沢あけみ―息長く歌いつづける演歌の星
吉永小百合―映画100本に刻んだ女優の道
神田山陽―将棋の恩人、講談協会会長
平井長之丞―私の最初の恩師、郷土の強豪
木見金治郎―多くの弟子を育てた名伯楽
大原総一郎―将棋を愛した文化人経営者
大本百松─岡山後援会の人たち
有吉道夫─師の心を知るよき協力者
七條兼三─将棋会館建設の恩人
駒師香月─将棋博物館にも作品のこす
大浦武生─タイトル戦六十回の銀波荘
永井英明─雑誌「近代将棋」にかける人生
飯塚紀文─温かさを感じたガンの主治医
勝間田清一─気さくな社会党の長老
鈴木俊一─がんばれ、マイタウン東京
江崎真澄・奥野誠亮─「検討する」と言わない政治家
将棋名人戦を生んだ土壌
将棋界若手群像

◆内容紹介
十五代永世名人の半生を彩った人びと。いかに出会い、交友を深めるか、―人生の成功の鍵は豊かな人脈にあり、を語る。特別書き下ろし!菊池寛賞受賞記念出版。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
大山康晴
[発行年] 
1988年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 我が出会い


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved