2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■緩急自在!新型相掛かりの戦い方

< | No.1269 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 緩急自在!新型相掛かりの戦い方
緩急自在!新型相掛かりの戦い方
zoom
マイナビ将棋BOOKS
緩急自在!新型相掛かりの戦い方
「飛車先交換、三つの得あり」に満足せず、交換保留で“四つ目の得”を求めた相掛かり!
[総合評価]
A

難易度:★★★★
  〜★★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 佐々木大地
【出版社】 マイナビ出版
発行:2020年8月 ISBN:978-4-8399-7339-1
定価:1,804円(10%税込) 264ページ/19cm


【本の内容】
・【編集協力】 松本哲平
第1章  5八玉型vs4二玉型 ・△8五飛――基本の仕掛けと理想形
・△8二飛――積極策でとがめる
・△8四飛――最善を巡る攻防
78p
第2章 5八玉型vs3つの作戦 ・早めの飛車先交換
・居玉早繰り銀
・先後同型策
42p
第3章 最新の▲9六歩 ・端歩追随型
・早期警戒策
44p
第4章 実戦解説編 ・実戦例1 「自然な流れでリードを奪う」 対 先崎学九段,第91期ヒューリック杯棋聖戦一次予選
・実戦例2 「厚みを築いて作戦勝ち」 対 及川拓馬六段,第27期銀河戦本戦Fブロック
・実戦例3 「角を封じる位取り」 対 富岡英作八段,第45期棋王戦予選
・実戦例4 「積極的構想を迎え撃つ」 対 宮田敦史七段,第45期棋王戦予選
・実戦例5 「駒組みの落とし穴」 対 行方尚史八段,第60期王位戦予選
・実戦例6 「端歩の一長一短」 対 千田翔太六段,第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選
・実戦例7 「歩得vs手得」 対 稲葉陽八段,第60期王位戦挑戦者決定リーグ紅組
・実戦例8 「思惑を外される」 対 佐々木勇気七段,第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選
・実戦例9 「鉄壁の銀冠」 対 広瀬章人八段,第45期棋王戦挑戦者決定トーナメント(敗者復活戦)
・実戦例10 「歩が利く筋を意識する」 対 渡辺明三冠,第61期王位戦予選
91p

・【コラム】 (1)人生でいちばん絶望した日 (2)ライバル (3)突然の電話 (4)故郷、対馬

◆内容紹介
――格言は「飛車先交換三つの利あり」と教える。歩を手持ちにできること、飛車の利きが直射すること、歩のあった場所に別の駒が進めること。飛車先交換はこうした多くの得を生む、という教えである。だが、新型相掛かりは▲2四歩からの飛車先交換を急がず、▲3八銀と銀を立つところからスタートする。飛車先交換は確かに得である。しかし、新型相掛かりではさらなる付加価値、いわば「四つ目の利」を求めているのだ――(本文より)

本書は現在プロ間の主流になっている新型相掛かりについて解説した戦術書です。この戦型は「序盤から横歩取りをめぐる駆け引き」や、「双方が仕掛けを狙う緊張感」があり、とても楽しい戦法です。

――より多くの将棋ファンの方に手に取っていただけるように、細かい定跡よりも、「歩得で局面が収まれば先手成功」、「すぐの仕掛けがうまくいかない場合は▲4七銀―▲4八金型を目指す」、「飛車の横利きを通す手が銀取りになるのが4筋位取りの効果」など、感覚や手筋をメインに解説しました――(著者談)

著者の佐々木大地五段は相掛かりのスペシャリストで、通算勝率は7割超。各棋戦で活躍し、将棋大賞の最多勝利賞や最多対局賞も受賞しています。その活躍の原動力となっている相掛かりの知識と研究を、初となる著作で惜しみなく披露してくださいました。ぜひ本書を読んで、スリリングな対局を楽しんでください。


【レビュー】
相掛かり▲5八玉型の戦術書。

プロの居飛車党同士の対戦では、一時期の角換わり腰掛け銀の大流行が一段落し、相掛かりがよく見られるようになった。一時期の相掛かりは、マニア同士だけが指す印象があり、棋書もあまり出版されていなかった。(個人的には、後手番でやりたい作戦があまりなかったのが原因だと思っている)

近年の相掛かりは、▲引き飛車棒銀が廃れ、さらに飛車先交換を保留するようになっている。先に形を決めず、一番いいタイミングで飛車先交換をしようというもので、玉の配置や端歩などの組み合わせが豊富で、研究のやり甲斐があるようだ。

本書は、相掛かりで高勝率を収めている佐々木大地五段が、やや主流になっている▲5八玉型を中心に、相掛かりの最新形を解説する本である。


各章の内容をチャートを添えながら紹介していこう。



第1章は、「5八玉型vs4二玉型」
・相掛かりの序盤はパターンが多く、プロでも試行錯誤が続いている。
・本章では、端歩を突かずに、▲5八玉・△4二玉と上がる形を検討する。
・▲5八玉型はバランスが良く、相掛かりの基本の構え。
・△4二玉型は、△3二金にヒモを付けており、▲3四飛と横歩を取られたときに先手になりにくい。(次の▲2二角成には△同銀で何でもない)

・新型相掛かりでは、飛車先歩交換を急がない。まず▲3八銀と立つ。
・相掛かりでの狙いの一つである「十字飛車での横歩のかすめ取り」を、手損なく狙えるのが飛先交換保留の効果の一つ。
・飛の位置を決める必要が生じたタイミングで、飛先交換を行う。(たとえば、自陣の横歩を▲2六飛で守る必要がある、など)
・新型相掛かりでは、序盤から積極的に横歩を狙う。▲2四歩△同歩▲同飛と歩を合わせて動く。
 −横歩を取らせて、歩損の代償を求めるか。

・△8五飛は積極的な構え。△7四歩と突いても飛の横利きは止まらない。
 −△8五飛型に対する先手の攻撃形は、▲3七桂が基本。
 −将来、△8五飛に当てて▲7七桂と跳ね、両桂での攻めも見ておきたい。
 −▲2二歩の手筋も常に意識しよう。
・△8二飛は受け重視。飛が目標になりにくい。△6四歩〜△6三銀から持久戦を目指す方針。
 −▲3七桂は、速攻は利きにくいので、持久戦へ。後手も持久戦にするなら△5二玉型の方が向いている。
 −▲3七銀からの積極策も有力。△8二飛が中段の受けに利かない点を衝き、△4二玉型を咎めやすい。
・△8四飛はバランスが良い。横利きで3筋の歩を守っている。
 −後手が駒組みを進めるときに、どうしても7筋の歩を突く必要があるので、そのタイミングで先手は横歩を狙う。
 −また、浮き飛車が▲6六角のラインに入りやすいので、常に狙っておこう。



第2章は、「5八玉型vs3つの作戦」
▲5八玉型に対し、第1章の△4二玉型以外で、後手の有力な3つの作戦を解説する。

「早めの飛車先交換」は、▲5八玉のタイミングで後手が飛先の歩を交換する。飛の位置を変えて、別の狙いを生じさせている。
−△8四飛の浮き飛車は、▲7六歩に△7四飛と揺さぶれる。
−先手は飛先交換を保留した効果で、2筋歩交換から横歩を狙う場合に、歩を合わせるのではなく、盤上の歩を突くので、1手得をする。これを生かすためにじっくり駒組みを進めたい。
−△8二飛の引き飛車は、棒銀を狙っている。
−▲3六歩〜▲3五歩を狙いたい。後手の角の働きを制限する。一歩持っていれば、飛先突破には▲6六角〜▲8三歩△同飛▲8四歩で止められる。

「居玉早繰り銀」は、後手が飛先を切らずに早繰り銀に出る。飛先交換を防いだ▲7七角の頭を狙ってくる。
−早繰り銀を許すのは、やや先手不満。
−△7四歩の瞬間に飛先の歩を切って、横歩を狙いたい。(△7四歩を取らせて銀の進出を急ぐ指し方もあるが、▲5八玉型が後手の早繰り銀から一路遠い分だけ戦えると見ている)
−実際には横歩を取らず、▲2五飛〜▲6六角〜▲7七桂と構えて、▲8五飛と飛をぶつける狙いを作る。

「先後同型策」は、後手も△5二玉と追随する形。△4二玉型とのわずかな差が決戦の成否を分ける。
−先手の方針は変わらない。▲3六歩〜▲3七桂を目指しつつ、△7四歩の瞬間に横歩取りに動く。
−▲3四飛が先手になるのが△4二玉型との大きな違い。(次の▲2二角成を受ける必要がある)
−▲2二飛成△同銀▲5五角打の強襲筋は、△5二玉型には効果が薄い。
−△9四歩型が最前線。飛の横利きを止めず、▲8二歩には△9三桂、▲8二角には△9三香や△9四飛(△9五歩まで突いている場合)を用意しているので、飛を動かしやすい。ただし、端歩が緩手になる可能性もある。現在進行形で、今後の課題。(2020年8月現在)
−「後手が9筋の歩を伸ばす価値が高いのは、…千日手を含みとした揺さぶりが利くから」(p220)



第3章は、「最新の▲9六歩」
・先手が玉の位置を決める前に、先に▲9六歩を突いて角の呼吸を楽にし、▲4六歩や▲3六歩を突きやすくする。
−後手の飛先交換に▲8七歩が絶対手でなくなるので、歩を銀で守ったり、桂跳ねを急いだりできる。
−あえて歩を取らせて銀の進出を急ぐ作戦もあるが、本書では触れていない。
・相手の様子を見てから、玉の位置を選ぶことができる。
⇒▲9六歩は何気ない端歩突きだが、積極的な駒組みを狙う含みがある。

・後手の棒銀には、▲7七銀で受けて銀交換させるのもアリ。手数をかけて銀交換していて、先手の角が楽になっているので構わないという考え方だ。
−かつては、ほぼ無条件で「銀交換できれば棒銀成功」とされていたので、随分と考え方が変わってきた。
・▲3六歩〜▲3七桂を目指すなら、先に▲5八玉と立つ。居玉だと祟る展開が多い。
・早めの▲3七桂型では、△3四歩には次に△3五歩が来る形を予期しておく。桂頭を守るか、歩を取り込ませて反撃するか、切り返しの手段を用意するか。
・▲9六歩に△5二玉は、先手の構想を咎めるために早く動こうとしている。
−先手は▲3六歩〜▲3七桂と早く動く形を目指すと、後手陣が安定しているために、駒組みのリードまでは行かない。
−自玉の位置を決めていないのを逆手にとって、堅さを目指す駒組みを目指して持久戦志向にするのが一案。



第4章は、「実戦編」
著者の佐々木大地の実戦譜10局を、一局あたり8〜10pでしっかりと解説していく。

・すべて佐々木の先手で、かつ勝局。
実戦例は各章のチャートに組み込んであるので、参考にしてください
−実戦例2,3,4は、▲5八玉に△1四歩の手順で、定跡編ではほとんど触れられていませんが、第2章のチャートに入れてあります。

実戦例1 2020.01.20、▲佐々木大地△先崎学、棋聖戦
実戦例2 2018.11.20、▲佐々木大地△及川拓馬、銀河戦
実戦例3 2019.03.18、▲佐々木大地△富岡英作、棋王戦
実戦例4 2019.06.10、▲佐々木大地△宮田敦史、棋王戦
実戦例5 2018.11.07、▲佐々木大地△行方尚史、王位戦
実戦例6 2019.01.29、▲佐々木大地△千田翔太、棋聖戦
実戦例7 2019.03.15、▲佐々木大地△稲葉陽、王位戦
実戦例8 2018.12.06、▲佐々木大地△佐々木勇気、棋聖戦
実戦例9 2019.12.09、▲佐々木大地△広瀬章人、棋王戦
実戦例10 2020.01.07、▲佐々木大地△渡辺明、王位戦



〔総評〕
「飛先交換を保留するタイプの相掛かり」の専門書としては、先に▲6八玉型の本(飯島本)が出ていたが、本書が出版されたことによって、一通りそろったと言っていいだろう。

そして本書では、まず「端歩を突かない形での▲5八玉型vs△4二玉型」で、後手の飛の引き場所によって戦い方を決めるという「新型相掛かりの思想」がしっかりと示されている。次に「後手の工夫として3つの作戦」が示され、最後に「端歩の有無による攻防の変化」と、この2〜3年の相掛かりの進化をきっちりと解説しており、また実戦例も豊富(ページ埋めのレベルではない)で、「シッカリとした一冊」という印象だった。



※誤字・誤植等(初版第1刷・電子版ver1.00で確認):
p69上段 棋譜 ×「▲2二角成 △同 角 ▲7七角」 ○「▲2二角成 △同 銀 ▲7七角」 (下段の本文内は正しい)
p220上段 ×「千日手を含みした揺さぶり…」 ○「千日手を含みとした揺さぶり」or「千日手を含みにした揺さぶり」



【関連書籍】

[ジャンル] 相掛かり
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 佐々木大地
[発行年] 2020年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 緩急自在!新型相掛かりの戦い方


Copyright(C) 1999-2020 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved