2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■決定版!ゴキゲン中飛車VS超急戦 〜将棋史上最も過激な殴り合い〜

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 決定版!ゴキゲン中飛車VS超急戦 〜将棋史上最も過激な殴り合い〜
決定版!ゴキゲン中飛車VS超急戦 〜将棋史上最も過激な殴り合い〜
zoom
マイナビ将棋BOOKS
決定版!ゴキゲン中飛車VS超急戦
〜将棋史上最も過激な殴り合い〜
 

【著 者】 畠山成幸
【出版社】 マイナビ出版
発行:2016年8月 ISBN:978-4-8399-6042-1
定価:1,663円 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 始まりはいつもこの男たちから
第2章 帝王の参戦
第3章 中飛車党の憂鬱
第4章 遠見の角が見てきたもの
第5章 息を吹きかける若者たち

◆内容紹介
本書はゴキゲン中飛車に対して7手目▲5八金右とわずかな得を求めた手に対し△5五歩▲2四歩と互いに一歩も引かずに大決戦となる「超急戦」について解説したものです。ゴキゲン中飛車の存続に関わるこの戦型の進化が、時系列にそって壮大な一つの物語のように語られています。

居飛車が新手を出せば、振り飛車もそれに対抗し、現在も結論は出ていないこの戦型。これまでに公式戦やタイトル戦の舞台で数々の棋士がユニークな新手を生み出してきました。

堀口新手▲7五角、室岡新手▲3三角、阿久津新手△5三香、佐藤新手△8九馬、そして、▲1三龍、▲3三香、△5七歩・・・。

その間に第59期王将戦第6局での久保利明棋王の3連続銀合(書籍内では「トリプル・ダイヤモンド・シールド」)をはじめ、多くの名局が生まれました。

棋力向上が図れることはもちろん、将棋の戦法進化のドラマとしても楽しむことができます。さらに、プロ棋士の将棋に対する情熱も堪能できる一冊です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
畠山成幸
[発行年] 
2016年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 決定版!ゴキゲン中飛車VS超急戦 〜将棋史上最も過激な殴り合い〜


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved