2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■対先手中飛車 完全攻略

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 対先手中飛車 完全攻略
対先手中飛車 完全攻略
zoom
マイナビ将棋BOOKS
対先手中飛車 完全攻略
 

【著 者】 小林裕士
【出版社】 マイナビ
発行:2014年9月 ISBN:978-4-8399-5323-2
定価:1,663円 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 一直線穴熊    
第2章 △5四歩・6四銀型 第1節 △5四歩・6四銀型
第2節 前田流
第3節 ▲1六歩型
第4節 △4四歩型穴熊
 
第3章 相振り飛車編 第1節 後手三間飛車
第2節 後手向かい飛車
第3節 左穴熊
 
第4章 実戦編 第1局 「早い▲7七角をとがめる」 窪田義行五段戦
第2局 「急戦が頓挫して作戦負け」 菅井竜也五段戦
第3局 「穴熊を急戦で破る」 増田裕司六段戦
第4局 「兄弟子に逆転勝ち」 長沼洋七段戦
 

◆内容紹介
先手中飛車は今や振り飛車のエース戦法になっている」(まえがきより)

初手に玉頭の歩▲5六歩を突き、その後ろに飛車を回って、相手玉を真正面から攻める先手中飛車。このあまりにも原始的な戦法はもともとは力戦の将棋に分類されており、一部のスペシャリストが愛用する戦法でした。しかし指し継がれることでシステム化が進み、今では本来持っていた暴力的な攻撃力に物を言わせて振り飛車のエース格にまで成長しました。

一方、先手中飛車の対策の確立は遅れ、特に居飛車党にとっては受難の時代が続いておりましたが、それももう終わりを告げようとしています。

・一直線穴熊
・△5四歩−6四銀型
・相振り飛車

3つの有力な対策が確立されたためです。

先手中飛車完全攻略のための3種の神器。本書では竜王戦1組所属の実力者、小林裕士七段がこの3つの戦術を詳細に解説しています。

これまで先手中飛車に対して、玉をどう囲うか、どこから攻めるかさえ分からなかった方も多いと思いますが、この本が、強い味方になるはずです。

本書で先手中飛車を完全攻略してください。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
小林裕士
[発行年] 
2014年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 対先手中飛車 完全攻略


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved