2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■石田流破り 左美濃 徹底ガイド

< | No.1090 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 石田流破り 左美濃 徹底ガイド
石田流破り 左美濃 徹底ガイド
zoom
マイナビ将棋BOOKS
石田流破り 左美濃 徹底ガイド
[総合評価] A

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 八代弥
【出版社】 マイナビ
発行:2014年2月 ISBN:978-4-8399-5059-0
定価:1,575円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 対石田流本組み 第1節 対石田流本組み基本形
第2節 飛車先保留型
54p
第2章 対石田流▲7七角型   80p
第3章 対▲3九玉型   38p
第4章 居飛車右銀保留型   46p

◆内容紹介
「振り飛車=カウンターの戦法」と呼ばれていたのは今は昔。
現在では角道オープンをキーワードとして、「自ら動いていく振り飛車」が大流行しています。そのような振り飛車の主力戦法が石田流、好形から繰り出される破壊力ある攻撃に苦心している居飛車党の方も多いのではないでしょうか?

本書ではプロ入り後、高勝率を上げ続けている若手精鋭八代四段が、
石田流に対して左美濃で対抗する指し方を徹底解説したものです。

左美濃の長所は、素早く組めること、駒組みの手順が簡単で比較的容易に組めることで、スピードと堅さのバランスが取れた囲いであるといえます。この左美濃で石田流に対抗する作戦は八代四段の得意とするところであり、その研究の確かさはプロ棋戦で実証済みです。

本書では石田流本組みと▲7七角型それぞれについて、対策を解説します。また、振り飛車が▲3九玉型のまま仕掛けてくる形や居飛車が右銀の動きを保留する形なども詳細に取り扱います。

この一冊で石田流対策は万全、ぜひ実戦で試してみてください。


【レビュー】
▲石田流vs△左美濃の解説書。

石田流は、現代振飛車党の先手番のエースである。▲中飛車や▲角道オープン四間飛車などが台頭してきているものの、石田流が大きな武器になっていることは間違いない。

一方で、後手の石田流対策は両手で数え切れないほどあるが、序盤で△8五歩と伸ばしていく形は減少傾向にある。さまざまな急戦早石田や、角交換での升田式石田流などがあるし、棒金などの居飛車急戦も効果が薄れているため、早く△8五歩と伸ばす価値がないという認識だ。

早い攻めがないなら、居飛車は玉を固めたいが、居飛車穴熊には組みにくい。その中で、比較的安全に堅く組めて、ある程度の攻撃力もある左美濃作戦が注目を集めている。

本書は、そのような▲石田流vs△左美濃の戦いを詳しく解説した本である。



書名は「石田流破り」となっているが、視点はほぼ公平。石田流側が有利になる変化も多く解説されており、「一方に肩入れした必勝作戦」というわけではない。



各章の内容を、チャートを添えながら紹介していこう。

第1章は、▲石田流本組vs△左美濃。「本組」とは、▲7六飛+7七桂+9七角の形をいう。「攻めの理想形」ともいわれ、石田流側がまず目指したい形だ。

第1節は△8五歩と伸ばした形での▲石田流本組で、この型の基本形。後手は△6三銀型にして7四を受けてから△3二銀と左美濃に組む。▲5六銀には3四をケアするために△2四歩とする。先手が2手必要なタイミング(▲9七角〜7七桂など)で後手は銀冠に組み替えていく。

この型では、△9二飛から千日手狙いで揺さぶっていく佐藤流が有名。

第2節は△8四歩で保留した形。△8五歩と伸ばしてもリスクが高いのなら留めておこう、という考え方。もし先手が本組にしてくれるなら、端桂から仕掛けが成立する。ただし、先手にある程度石田流のセンスがあるなら、△8四歩型に▲7七桂とはしてこないだろう(その場合は第2章の▲7七角型など)。

▲7八飛型から▲6五歩の仕掛け(p43〜)はこの形特有の有力筋なので、後手を持つ人は本節をしっかり読んで対策を考えておくこと。




第2章は、▲石田流7七角型vs△左美濃。「7七角型」とは、▲7六飛+7七角の形のこと。

第1章の本組に比べて、▲7七角の1手で戦闘準備が完了する。また、跳ねたら戻れない▲7七桂型と違い、▲7七角は柔軟性があるので持久戦にも対応可能だ。

後手の飛先保留(△8四歩型)には、第1章第2節の本組ではなく、本章の▲7七角型で来る可能性が高い。▲石田流vs△左美濃の本流の戦型なので、本章で考え方をしっかり学ぼう。先を見越した駒組みのセンスも必要となる。

なお、△8四歩で保留していても、▲7七角を見たらすぐ△8五歩と伸ばすのを忘れないように。いつでも戦いが始まるので、反撃態勢を整えておきたい。ほとんどの場合で銀冠に組む余裕はない。




第3章は、▲3九玉型。▲2八玉の1手を保留し、▲8八角型で動きを見せてくる。低い構えで、藤井システムのような攻めを狙っている。

まともに相手をすると先手の角筋が厳しいので、後手は△5五歩で角道を二重に止めてから銀冠に組むのがオススメ。なお、さらに銀冠穴熊に組み替える構想もあるが、ややリスキーだ。




第4章は、居飛車が右銀を保留する作戦。

対石田流では通常、△6四歩〜6三銀の形を作って7四の地点を受けることが多いが、この作戦では後手は4〜7筋の歩を突かず、低い構えのまま一目散に左美濃に囲う。7四のケアは△8四飛のみで済ます。

右銀の使い道は後から決めていく。狙いの一つは、戦いを起こさずに銀冠穴熊への組み替えだ。

先手の構えは、第1章〜第3章と同様に、本組/▲7七角型/▲3九玉型の3つに大別される。




本書の左美濃作戦は、現在もプロで盛んに戦われている戦型で、互いに容易に撃破することは難しい。ただし、石田流が相手に玉を固めさせにくい作戦であることを考慮すると、その中でも左美濃は比較的簡単に堅く囲える作戦だ。急戦石田流や角交換型の升田式が一段落している現状では、石田流対策の主役となっていく戦型だろう。

先手で石田流を得意としてる人と、後手で2手目△3四歩としている居飛車党には必読の一冊だ。(2014Jul10)


※誤字・誤植等(初版第1刷で確認):
p126下段 ×「3三桂なら…」 ○「△3三桂なら…」



【関連書籍】

[ジャンル] 
三間飛車・石田流
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
八代弥
[発行年] 
2014年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 石田流破り 左美濃 徹底ガイド


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved