2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■スッキリ明快詰将棋

< | No.0790 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > スッキリ明快詰将棋
スッキリ明快詰将棋 スッキリ明快詰将棋
初段標準の218題
[総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
中級〜有段向き

【著 者】 関根茂
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1999年11月 ISBN:4-8197-0358-7
定価:1,200円 222ページ/19cm


【本の内容】
・詰将棋=218問(5手=11問/7手=99問/9手=82問/11手=26問)

◆内容紹介
本書は『スッキリ明快』を標語にして問題を選んであります。解けばスッキリ、解けなくても答を一見すれば明快です。七手詰、九手詰が大部分ですが、五手から十一手まで218題を収めました。


【レビュー】
詰将棋問題集。

・ヒントは一行。
・手数は5手〜11手詰で、並び順はランダム。問題の大半は7手詰と9手詰で全体の83%を占める。それ以外は、前半は11手詰が多く、後半は5手詰が多い傾向あり。
・通常は手数表示なし、ただし11手詰のみ手数表示あり。
・問題の配列は玉の位置順。5筋の玉や入玉形はなし。
 (一段目)△1一玉→△2一玉→△3一玉→△4一玉
 (二段目)△1二玉→△2二玉→△3二玉→△4二玉
 (三段目)△1三玉→△2三玉→△3三玉
 (四段目)△1四玉→△2四玉→△3四玉
・解説は3〜4行でやや貧弱。解説図面も1つだけなので、解説部はちょっと頼りない。

本書の詰将棋は、タイトルどおり比較的スッキリしたものが多く、難解なものは少ない。ただし、簡単に目に付くような初手で詰むことは少なく、それなりに読みを入れることが必要。

詰め力の筋トレとしてはちょうど良い。ただし解説はイマイチなので詰将棋初心者には向かず、ある程度7手・9手詰に慣れた人ならオススメ。(2009Sep19)


【他の方のレビュー】(外部リンク)
決めろ、ちゃぶ台返し!(将棋)




【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 
[著者] 
関根茂
[発行年] 
1999年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > スッキリ明快詰将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved