2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■羽生善治のこれからはじめる人の将棋

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生善治のこれからはじめる人の将棋
羽生善治のこれからはじめる人の将棋
zoom
羽生善治のこれからはじめる人の将棋
強くなるための覚え方と練習問題
 

【著 者】 羽生善治/監修
【出版社】 ナツメ社
発行:2016年2月 ISBN:978-4-8163-5999-6
定価:1,026円 240ページ/cm


【本の内容】
  将棋の基本 駒の並べ方/駒の動き方/玉将の動き方/飛車の動き方/角行の動き方/金将の動き方/銀将の動き方/桂馬の動き方/香車の動き方/歩兵の動き方/駒の利き/駒の使い方/駒を取る/駒を打つ/駒を成る/龍王の動き方/龍馬の動き方/成銀の動き方/成桂の動き方/成香の動き方/と金の動き方/王手と詰み/棋譜の読み方/やってはいけない反則/二歩/動けないマスへ駒を動かす/打ち歩詰め/自ら王手をかける/勝負がつかないとき  
1章 終盤
−詰み&次に詰む形を覚える
攻 詰みの形 基本の1手詰め
攻 詰みの形 いろいろな1手詰め
攻 詰みの形 3手詰め
攻 次に詰む形 詰めろをかける
攻 次に詰む形 必至をかける
守 詰みを逃れる
 
2章 中終盤・その1
−攻略の手筋をマスターする
攻 よく使う攻めの手筋 歩の手筋
攻 よく使う攻めの手筋 銀・桂馬の手筋
攻 よく使う攻めの手筋 捨て駒
守 よく使う守りの手筋
 
3章 中終盤・その2
−囲いの急所を攻める
攻 切れない攻めを目指す
攻 囲いの急所 美濃囲い・金無双
攻 囲いの急所 高美濃囲い・銀冠囲い
攻 囲いの急所 舟囲い・矢倉囲い
攻 囲いの急所 穴熊囲い・居飛車穴熊
 
4章 中盤
−攻防を制する
攻 成駒をつくる
攻 駒得を狙う
攻 複数の駒で攻める
攻 攻めをつなげる
守 相手の狙いに備えて守
 
5章 序盤
−駒組みを有利に進める
守 玉を囲う 〈居飛車〉舟囲い・矢倉囲い
守 玉を囲う 〈居飛車〉居飛車穴熊 ,〈振り飛車〉穴熊囲い
守 玉を囲う 〈振り飛車〉美濃囲い・金無双
守 玉を囲う 〈振り飛車〉高美濃囲い・銀冠囲い
攻 飛車先の歩を交換する
 

・【コラム】入玉して逃げ切る/居飛車と振り飛車/棒銀の受け方/羽生先生が少年時代によくやった将棋勉強法/

◆内容紹介
短い時間で、将棋の棋力のアップが実感できる入門書です。まずは、駒の動かし方、将棋の基本ルールを解説します。続いて、将棋の終盤、中盤、序盤の順に解説を進めます。勝ちパターンを理解するためには、最終形の「詰み」を理解し、終盤から序盤へと、学び始めることが実戦的です。入門者が、手筋の進め方と同時に、詰将棋を学ぶことと同じです。

本書では、さくさく学べるように1項目の構成も工夫しました。基本を4頁で解説し、続く4頁で練習問題を解く8頁の構成です。学んだことを、すぐに復習できる構成なので、理解ができたかどうかを、すぐに判断できます。また紙面も駒の動きが理解できるように矢印を多用しています。

8級から初段までの内容です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
入門書
[シリーズ] 
[著者] 
羽生善治
[発行年] 
2016年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 羽生善治のこれからはじめる人の将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved