2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■大山の詰将棋100

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大山の詰将棋100

zoom
初段の壁を破るシリーズ
大山の詰将棋100
初段を突破する力がつく
 

【著 者】 大山康晴
【出版社】 土屋書店
発行:1988年5月 ISBN:4-8069-1505-X
定価:1,000円 218ページ/19cm


【本の内容】
・詰将棋=計100問
第1章 五手詰=15問
第2章 七手詰=20問
第3章 九手詰=20問
第4章 十一手詰=20問
第5章 十三手詰=15問
第6章 十五手詰=10問

◆内容紹介(はじめにより抜粋)
あと一歩のところまで追い詰めながら、相手の玉を大海に逃がしてしまい、無念の逆転負けを喫してしまった経験は、みなさんあるのではないかと思います。このようなことをなくすには、詰将棋を解くのが一番良い方法ではないかと私は考えております。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 初段の壁を破るシリーズ
[著者] 
大山康晴
[発行年] 
1988年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大山の詰将棋100


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved