2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■地獄は将棋指しに聞け

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 地獄は将棋指しに聞け
地獄は将棋指しに聞け
zoom
センチュリープレス
地獄は将棋指しに聞け
9×9は日本人のクスリである
 

【著 者】 湯川博士
【出版社】 情報センター出版局
発行:1989年1月 ISBN:4-7958-1131-8
定価:880円 220ページ/19cm


【本の内容】
第1章 転機の一瞬
 (無為徒食の日々を止めた仏像彫刻/神武以来といわれた天才棋士は42歳で晴れて名人位/棋聖戦2連敗のあと奇跡の3連勝/ほか)
第2章 勝負に挑む
 (名人のことは名人にこそわかる/勝ちたいのなら、眠っている時が勝負だ/名人は「間」の達人/ほか)
第3章 駒を支える人間関係
 (芸人は旦那なくして生きられぬ/困窮の極に八百長将棋を持ちかけられた阪田の三吉/ほか)

◆内容紹介
将棋の魅力は“敵を攻めて勝ち”“自分を責めて勝つ”ことである。それは500年の歴史が培った英知であり勝負の妙味である。棋士のひと言、たった一手を、人生の岐路を乗り切るヒントへと昇華させる本書は、“将棋三部作”堂々の完結である。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
湯川博士
[発行年] 
1989年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 地獄は将棋指しに聞け


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved