2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■欧米を凌ぐ将棋発想

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 欧米を凌ぐ将棋発想
欧米を凌ぐ将棋発想
zoom
センチュリープレス
欧米を凌ぐ将棋発想
9×9は日本人のビジネス兵器である
 

【著 者】 湯川博士
【出版社】 情報センター出版局
発行:1987年5月 ISBN:4-7958-1011-7
定価:880円 198ページ/19cm


【本の内容】
悪いときには前へ進め/両取りは逃げるな、取らせろ/動きまわるだけが攻めではない/才能は、継続して発揮せよ/1手で2手分が受けの極意/勝者の事なかれ主義をつけ/危険思想が勝ちへと導く/攻めは受けるな、攻めかえせ/強敵は追い込むな、包み込め/苦手なものは近づけよ/〔ほか〕

◆内容紹介
将棋は勝ちと負けしかない厳しいゲームだ。だから1枚1枚の駒の緊迫した動きを追っていけば、単に将棋を超えた、普遍的な「勝利術」が必ずや見えてくる。金も欲しい、名誉も欲しい。そんな欲望を満たしてくれるビジネス訓を待っていた。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
湯川博士
[発行年] 
1987年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 欧米を凌ぐ将棋発想


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved