2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■ここで将棋と会いました

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ここで将棋と会いました
ここで将棋と会いました センチュリープレス
ここで将棋と会いました
9×9は日本人の文化である
 

【著 者】 湯川博士
【出版社】 情報センター出版局
発行:1986年10月 ISBN:4-7958-0991-7
定価:880円 230ページ/19cm


【本の内容】
第1章 趣味に貴賎なし、人に貴賎はあるか
第2章 将棋の旦那は鉄火の香り
第3章 新手一生、料理に生きる
第4章 おたまじゃくしに父の影
第5章 永遠なり、873手
第6章 異常に暮らし、美学に遊ぶ
第7章 全米将棋連盟のクレイジー・ラリー
第8章 仕事と金だけじゃ満たされへん
第9章 喧嘩しないで健常者

◆内容紹介
知らぬ間に使っている将棋用語は、「先手を取る」「成金」「一枚も二枚も上手だ」「王手がかかる」「段違いに強い…」など、実にたくさんある。また、駒の形も生活の中にずいぶん入っている。質屋の看板、道中手形もそうである。社寺の絵馬もだ。私たちは意識しないほど自然になじんできた将棋だが、それゆえにこそ執拗で、人間を「溺れながらもシビレさせる」奇妙な妖しさがある。そんな世界をトコトン探っていく。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
湯川博士
[発行年] 
1986年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > ここで将棋と会いました


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved