2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第四十一期将棋名人戦

< | No.0310 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十一期将棋名人戦

zoom
第四十一期将棋名人戦
全記録
[総合評価] D

難易度:★★★☆

図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 毎日新聞社
【出版社】 毎日新聞社
発行:1983年9月 ISBN:4-620-50441-6
0076-670006-7904
定価:1,600円 194ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
【名人】加藤一二三 【挑戦者】谷川浩司 (奪取)
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ●加藤−谷川○ 相矢倉▲スズメ刺し 井上光晴 28p
第2局 ○谷川−加藤● 相掛かり▲ヒネリ飛車 石堂淑朗 28p
第3局 ●加藤−谷川○ 相掛かり▲ヒネリ飛車 加古明光 28p
第4局 ●谷川−加藤○ 相矢倉▲スズメ刺し 斎藤栄 28p
第5局 ○加藤−谷川● 相矢倉▲4六銀3七桂 赤木駿介 28p
第6局 ○谷川−加藤● 相掛かり▲ヒネリ飛車 絵國滋 28p

・名人挑戦者決定戦(▲中原−△谷川)=18p
・谷川新名人の横顔(井口昭夫)=4p
・名人戦41期の全記録
・第40期名人挑戦者決定リーグ表=1p
・盤側の記(各局・井口昭夫、加古明光)


【レビュー】
名人戦の観戦記。

この第41期の見どころは、なんといっても「史上最年少名人・谷川浩司」。20歳で名人挑戦を決め、21歳での名人奪取は羽生でも破れなかった記録だ。本書では、若き名人・谷川の21歳とは思えない落ち着きぶりが描写されていたのが印象的だった。

一方の加藤は、前期の「10番勝負」で見せた迫力が見られず、やや淡白気味だった。前期で悲願を達成した上に、今回は年齢差が大きく、調子が出なかったのかもしれない。

将棋は相矢倉とヒネリ飛車が3局ずつ。合計6局ではかなり物足りない。せっかくの最年少名人誕生なのだから、谷川のA級での全棋譜を載せてくれたら良かったのに。挑戦者のA級での棋譜が載ったり載らなかったりするのはなぜなんだろう?といつも思う。

ちなみに、谷川の「エビ・カニ嫌い」はこの名人戦で広く知られるようになったそうな。(2004Mar31)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
毎日新聞社
[発行年] 
1983年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十一期将棋名人戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved