2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■米長王将のお袋さんは男の子四人を天才秀才俊才鬼才にした日本一の子育て上手

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 米長王将のお袋さんは男の子四人を天才秀才俊才鬼才にした日本一の子育て上手
米長王将のお袋さんは男の子四人を天才秀才俊才鬼才にした日本一の子育て上手
zoom
米長王将のお袋さんは男の子四人を天才秀才俊才鬼才にした日本一の子育て上手  

【談】 米長花子 【聞書き】 浅岡慎男
【出版社】 二見書房
発行:1983年12月 ISBN:4-576-00253-8
定価:890円 286ページ/19cm


【本の内容】
耐えるしかない姑地獄 嫁にするなら丈夫が一番/我慢のない嫁は続かない/足りなかった覚悟/忍耐を教え込むのは親の心得  
肩身広いぞ子宝所帯 子無きは去る/父親にあった発明の才覚/真面目さも度が過ぎると弱さに/無口な子守りはいかん/ほか  
及びもつかない子供の世界 子の想像力には勝てない/とかく世渡りが苦手な夫/とっさのときの姑の知恵/幼い心に悲しみは毒/長男は一家の惣領/ほか  
残った財産は子供だけ 苦労は幸せの木の肥やし/涙ながらのタマネギ生活/私の人権宣言/貧困が生んだしっかり女房/いっそ一家心中を・・・/ほか  
仕事を任される子ども 信頼されることが励み/働く辛さがたくましく育てる/夕飯の仕度も子どもの役目/個性を伸ばす子ども達/店番で暗算を覚えた五歳の邦雄/兄弟将棋は集中力の競い合い/ご近所ぐるみの子育て/ほか  
兄貴にできたのなら俺だって 仕事より勉強の方がマシ/畑仕事で忍耐力、将棋で集中力/かわいい子には旅をさせろ/お袋のつくったご飯/五つの宝物を遺して/ほか  
いつも一生懸命、だから幸せ 孝行者たちのプレゼント/アメリカでも通用した胆力/骨身惜しまず働いただけ  


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 米長花子 浅岡慎男
[発行年] 
1983年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 米長王将のお袋さんは男の子四人を天才秀才俊才鬼才にした日本一の子育て上手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved