2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■はじめてでもよくわかる将棋

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > はじめてでもよくわかる将棋
はじめてでもよくわかる将棋
zoom
はじめてでもよくわかる将棋
駒の動かし方から基本の詰め方
 

【編】 新星出版社編集部
【出版社】 新星出版社
発行:2000年8月 ISBN:4-405-06575-6
定価:950円 175ページ/21cm


【本の内容】
将棋は2人でするゲーム 将棋は駒と盤があればいつでも指せる
/将棋は2人で駒を1回ずつ交互に動かす/ほか
 
やさしい将棋の指し方 駒を取る(相手の駒を捕虜にしよう/じゃまな駒があるとき
/駒の交換―駒は取ったり、取られたり/ほか
 
駒は活かして使おう 両取りをねらおう―必ず相手の駒が取れる
/歩を活かして使おう―上級者ほど上手に使う/ほか
 
さあ、将棋を指してみよう 最初に動かす駒は?―攻守両面を考えて
/城をつくろう―王の囲い方を知る
 

◆内容紹介
本書は将棋の基本が分かり、必ず指せるようになるまで、これまでの本より、もっと分かりやすく解説したものです。まず将棋の基本である駒の動かし方から取り方、打ち方、成り方、王手のかけ方、詰ませ方などを簡単に覚えられるように例題を多くして、早く理解できるように工夫してあります。本書を読むことにより早く将棋が指せるようになって、将棋のおもしろさを知り、将棋を楽しんでください。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
入門書
[シリーズ] 
[著者] 
新星出版社編集部
[発行年] 
2000年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > はじめてでもよくわかる将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved