2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■人生一手の違い 「運」と「努力」と「才能」の関係

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 人生一手の違い 「運」と「努力」と「才能」の関係
人生一手の違い 「運」と「努力」と「才能」の関係 ノン・ブック
人生一手の違い
「運」と「努力」と「才能」の関係
 

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 祥伝社
発行:1989年12月 ISBN:4-396-61024-6
定価:1,400円 214ページ/20cm
(文庫版)
人生一手の違い 「運」と「努力」と「才能」の関係(文庫版)
ノン・ポシェット
人生一手の違い
「運」と「努力」と「才能」の関係
 

【著 者】 米長邦雄
【出版社】 祥伝社
発行:1994年2月 ISBN:4-396-31055-2
定価:533円 245ページ/16cm


【本の内容】
第1章 空気の丸い家―二十一歳で名人になった谷川浩司が育った環境
第2章 勝負師にとっての親とは―同日に四段になった二人の弟子の修行時代
第3章 若手急成長の秘密―濁った空気を排除するシステムの重要性
第4章 勝負師を育てた土壌―私の人生を決定した恩人の一言
第5章 勝負と相場と日本経済―空前の大繁栄に向かう経済大国の株と為替の行方
第6章 スランプとの悪戦苦闘―いかにして運気の大底から脱出するか
第7章 人生の最善手、次善手―棋士の目に、企業および企業人はどう見えるか
第8章 大棋士・藤沢秀行の魅力―勝負師における“生き甲斐”の研究

◆内容紹介
“さわやか流”将棋名人が説く“泥沼流”で人生に勝つ知恵。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
米長邦雄
[発行年] 
1989年 1994年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 人生一手の違い 「運」と「努力」と「才能」の関係


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved