2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■内藤国雄の詰将棋傑作集

< | No.0360 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 内藤国雄の詰将棋傑作集

zoom
別表紙
ヤング・レジャー(36)
内藤国雄の
詰将棋傑作集
ハンディ版
[総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き1問
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A
解答の裏透け:B
解説:B
中級〜向き

('82版)


('85版)
≪Amazonマーケットプレイス≫

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 ひばり書房
発行:1984年8月 2076-313627-7108
定価:680円 223ページ/18cm


【本の内容】
詰将棋=計194問(1手詰〜17手詰)

◆内容紹介(まえがきより抜粋)
本書は、一般の詰将棋集とは異なって、できるだけ実戦的状況に近いようにしたいと思いました。
(1)手数の短いものから並べるのが一般ですが、故意にそのやり方を外しました。
(2)易しいものから難しいものへ、これが普通です。しかし本書はそういう配列法をやめました。
(3)形と手順は、特に実戦に生じそうなものばかりを選びました。
本書をご覧になるときは、実戦のような緊迫感を持って問題に臨んでいただきたいものです。


【レビュー】
1手詰〜17手詰の詰将棋問題集。

わたしは「超初心者向けの1手詰と、有段者クラスの二桁手数物を一冊の本にまとめるべきではない」と思っている。対象棋力が不明瞭で、どの棋力の人も一冊を楽しみ切ることができないからだ。実際、同じ内藤国雄の『九級から一級までの詰将棋』(成美堂出版,1992)には厳しい評価を付けている。

ただし、本書の場合は別。多くの詰将棋本では、問題が手数の短い物から並んでいるが、本書では、手数がまったくのランダムであり、ヒントに手数表示もない。手数で詰め上がりを想像できないため、実際の読みと解図力をフル活用させる必要がある。ランダムになっていれば1手3手でも決して簡単ではなく(特に1手詰は詰め上がりが意外な物が多い)、テンションを維持して挑戦することができるし、「手数が増えたからやる気が失せて放棄」(←ありがち。)ということも少ないと思う。

本書の詰将棋は内藤らしく、軽快で筋の良い物が多い。終盤力を上げるのには適している。ただし前述のように手数表示がないので、全問を解き切るにはある程度の実力が必要。(2004Jul16)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] ヤング・レジャー
[著者] 
内藤国雄
[発行年] 
1984年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 内藤国雄の詰将棋傑作集


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved