2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■菅谷北斗星選集 秘録篇

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 菅谷北斗星選集 秘録篇
菅谷北斗星選集 秘録篇
zoom
菅谷北斗星選集 秘録篇  

【著 者】 菅谷北斗星
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1978年10月 2076-11011-5892
定価:1,800円 190ページ/23cm/H.C.


【本の内容】
T 争い将棋/詰将棋の話/将棋名人考/名人問題に就いて/棋界壁談義(素人玄人の弁/坂田問題/再び坂田問題/棋界雑信/棋譜の統一/棋譜の著作権/対局料金の制定/手合制度に就いて/「指し掛け」の規則)/棋界漫談/棋界よ考えろ/創意を縛るな/誰れが強いか?/降段説是非/この一戦!/師匠と弟子)/将棋と駒の考証(日本将棋の再認識を強調す/日本将棋の母胎/象戯の駒の話/神輿の駒の解釈)/盤足の考証/家元の印鑑/慰問使の収穫/夢の世界/古棋書探行(二宮尊徳翁の象戯/伊藤家口伝書「察気法十カ条」/大橋宗桂「象戯百カ条之伝」/大橋宗桂「象戯之心得」/算砂遺訓の和歌)/天野宗歩に就いて 58p
U 棋道茶話/将棋の強弱/棋界チャンピオンの信心ぶり/内幕噺し/将棋盤の怪/芸道を想う/桃二十四個/寿命第一/棋界無駄話/将棋問答/棋界の回顧と現状/我流会の記/炉辺棋話/古棋書風景/将棋漫談(賭将棋漫筆/将棋の駒の旗差物/棋士は如何して眠ったか?/将棋家元は何処にいたか?) 44p
V 東西棋神譜(十三世関根金次郎名人(東京)/阪田三吉名人(関西))/観戦秘話/まごころ居士/人間坂田/観戦十年 20p
W 所沢の藤吉/棋聖天野宗歩/棋道三昧(関根金次郎)/象戯名人気質/小野五平略伝/大矢東吉略伝 54p

・「菅谷北斗星の六十六年」(菅谷久江)=2p
・巻末付録・参考図版=7p

◆内容紹介(裏表紙見返しより)
昭和の将棋界に燦として光芒をはなつ大観戦記者菅谷北斗星(すがやほくとせい)は文人であり、将棋史研究家であり、棋戦企画者であり、読売新聞に最も多くの記事を書いた男であった。北斗星逝いて十七年、その代表的作品を選集としていま蘇えらせる。続刊の「観戦記篇」にも御期待を乞う。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】
 『
菅谷北斗星選集 観戦記篇
[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
菅谷北斗星
[発行年] 
1978年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 菅谷北斗星選集 秘録篇


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved