2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋定跡入門

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋定跡入門
将棋定跡入門
zoom
将棋定跡入門  

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 影山稔雄 【監 修】 木村義雄
【出版社】 大泉書店
発行:1974年9月 0076-1010-0701
定価:800円 238ページ/19cm/H.C.


【本の内容】
定跡分析室   3p
スタート一号
(▲2六歩△8四歩)コース
第一課 スタート一号・1番コース
├第一章 スタート一号・1番Aコース
│  (1)タテ歩取り戦法 (2)ひねり飛車戦法 (3)石田流戦法
│  (4)新型相ガカリ・腰掛銀戦法 (5)棒銀対石田流戦法
└第二章 一号・1番Bコース
第二課 スタート一号・2番コース
├第一章 定跡ルートの再確認
├第二章 スタート一号・2番Aコース
│  (1)横歩取り(イ)型戦法 82)横歩取り(ロ)型戦法
└第三章 スタート一号・2番Bコース
   (1)飛先交換・新型相ガカリ戦法 (2)「角換らず型」相腰掛銀戦法
   (3)「角交換型」戦法
54p
スタート二号
(▲2六歩△3四歩)コース
第一課 スタート二号・1番コース
├第一章 スタート二号・1番Aコース
│  (1)向飛車戦法 (2)三間飛車戦法 (3)四間飛車戦法 (4)中飛車戦法
├第二章 スタート二号・1番Bコース
│  (1)角交換型 (2)角換らず型 (3)本コース
└第三章 スタート二号・1番Cコース
  (1)角交換型 (2)角換らず型
第二課 スタート二号・2番コース
45p
スタート三号
(▲7六歩△3四歩)コース
第一課 スタート三号・1番コース
 第一章 スタート三号・1番Aコース
  (1)向飛車戦法 (2)中飛車戦法
 第二章 スタート三号・1番Bコース
  (1)旧型・相ガカリ戦法 (2)後手「5五歩止め」戦法
 第三章 スタート三号・1番Cコース
  後手・急戦石田流戦法
第二課 スタート三号・2番コース
 第一章 スタート三号・2番Aコース
  ─スタート四号と合流─
 第二章 スタート三号・2番Bコース
  相振飛車(▲向飛車・△三間飛車)作戦
第三課 スタート三号・3番コース
  先手・急戦早石田戦法
第四課 スタート三号・4番コース
  相横歩取り戦法
46p
スタート四号
(▲7六歩△8四歩)コース
第一課 スタート四号・1番コース
 第一章 スタート四号・1番Aコース
  (1)ヤグラ戦法・△3三角型 (2)ヤグラ戦法・△3三銀型
 第二章 スタート四号・1番Bコース
  相四間飛車戦法
第二課 スタート四号・2番コース
  先手・中飛車戦法
55p
研究室   24p

◆内容紹介(裏表紙「著者自身のコマーシャル」より抜粋)
定跡は、プロ棋士が心血を注いで長年にわたって研究し、改良されてきました。相手あってはじめて定跡型になるのだから、定跡知らずや定跡破りの人と指すなら、一見意味のないものに映りそうです。しかし、定跡は最も合理的な手順なので、これをマスターすれば、相手がどうやってきても役に立たないはずがありません。そうはいっても、定跡を空で暗記するのは大変です。そこで、対局を重ねながら定跡を覚えていきたいとお考えの人に、ぜひすすめたいのが本書です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 
[著者] 
影山稔雄 木村義雄
[発行年] 
1974年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋定跡入門


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved